投擲武器 / Grenades *

投擲武器の目的は、通常武器だけでは厳しい"状況"を切り抜けることにある。すなわち、多数の通常感染者に特殊感染者が入り交じる強烈なラッシュや、Tankなど強力な敵への対策というわけだ。しかし強力だけに問題点もあり、また用意されている数も多いとはいえないので、無闇矢鱈と使えばいいというものではない。
3種類あるが、どれもかなり個性的でありマイナス面もあるので、特性をしっかり把握しておこう。そうして適切なタイミングで適切に使われた投擲武器は、この地獄のような行進を助けるだろう。

火炎瓶 / Molotov *

火炎瓶 / Molotov
アイコン
種類投擲武器
最大装弾1
保持弾数1
攻撃速度1 回使い切り

投擲後に接地すると、中の可燃性の液体を周囲に撒き散らすと同時に着火し、一帯をしばらくの間炎の海にする投擲武器。 いわゆるモロトフカクテルである。

割と原始的なこの武器が最も役に立つ点は、一定広範囲に入った通常感染者を即時に無力化させ続け、数秒後に死亡させること。 特殊感染者も火を浴びると炎上し、消火されない限り死亡するまで少しずつ体力を奪っていく。 これらの効果を持つフィールドが15秒ほど持続的に発生するため、敵の進入を防ぐバリケードを作り出すことができる。 特に家屋の侵入口やリスポンポイントに投げこめば、興奮した感染者は勝手に火の中に突っ込んで焼け死ぬ。

しかし後述のパイプ爆弾と違ってバウンドせずに即着火する上、通常感染者などに当たると妨害されてそこに落ちてしまう。 言い換えれば、これを狙った所に投げるには少々コツがいる上、目の前に多数の感染者がいると思ったところより短い距離で着火してしまう。

耐火能力を持つ一部の珍しい通常感染者には効果がないが、他の投擲武器で対処できない特殊感染者にもダメージを与えられるという利点があるため、誰か一人は常に持っておくと安心できる。 特にTankWitchを炎上させれば「逃げまわるだけでもいい」という精神的・状況的な余裕を得られるのは大きい。

攻撃範囲は限られるため、使用する場所によって有用性が大きく変動するが、持続時間がかなり長いので、使い方次第で他の投擲武器よりも多くの敵を倒せる。 たとえば炎の壁を作って進入方向を限定したり、元から限定されていれば一網打尽できたりと、状況と投げる人のセンスによっては絶大な効果を発揮できる。
ラッシュ時に使用せざるを得ない場合は、原則として「仲間が孤立しないように投げる」べきだろう。

使う側に適切な場所に投げる技術が無いと、逆に生存者側にダメージを与えたり、進行を長時間妨害するなどの被害を与える可能性が大きいため、強力だが危険性も相応に強い武器といえる。

低難易度 (Easy 〜 Normal) のみで通用する強攻策として、通常感染者に囲まれたときに足元に火炎瓶を投げ周囲の通常感染者を一掃して素早く炎から脱出する、というものがある (高難易度では炎のダメージが高すぎて脱出する前にダウンしてしまう)。文字通り最後の手段だが、火炎瓶所持で袋叩き状態から切り返し可能であることを覚えておいて損はない。

なおこの武器による炎自体は環境にほぼ左右されず、どんな場所でも一定時間経過するまで消えることはない。
例えば大雨の時や水上などでも基本的に問題なく使用できるうえ、通常感染者は着火した瞬間に即死扱いなので水上でも有効。(例外としてSwamp Feverなど特に水深の深いステージでは、水没によって不発になる場合がある) しかし通常は死ぬまで持続ダメージを受け続ける特殊感染者は、水場ではすぐに消火されてしまうので効果がかなり薄くなってしまう。この場合はTank相手の切り札としての効き目もほとんど期待できなくなる。

なお初心者がTank炎上中に更に火炎瓶を投げることがあるが、火炎のダメージは重複することはないので意味がない。 また詳細は後述するが、Boomerの胆汁が投げ込まれた場所に重ねて火炎瓶を投げ込むのも、ラッシュの抑制効果が落ちるため推奨されない。

パイプ爆弾 / Pipe Bomb *

パイプ爆弾 / Pipe Bomb
アイコン
種類投擲武器
最大装弾1
保持弾数1
攻撃速度1 回使い切り

音と光に興奮して殴りにかかる通常感染者の性質を利用した武器。 投げた瞬間から音と光を発して通常感染者をおびき寄せ、まとめて爆破する。 ただし特殊感染者や耳の聞こえない一部の珍しい通常感染者は引き寄せられない。

火炎瓶と違い敵を焼き払えず、また特殊感染者に対しては無力である。 その代わり投げ始めから音と光が発生し、5秒後の爆発まで持続的に感染者を誘導する。

この武器の本懐はラッシュの際に通常感染者を隔離し、状況を整理する点にあると言ってよい。 この時の誘導の順位は「持ち手に興奮した感染者≧パイプ爆弾>Boomerの胆汁をかけられたプレイヤー>胆汁爆弾>未発見感染者」となっているため、 Boomerから胆汁を浴びせられたときに投げつければ、これの効果が優先されて胆汁を浴びた生存者を保護できる。 目の前で殴られていた場合、これを投げても感染者を引き剥がせずにそのまま殴られ続ける点に注意したいが、 こちらが殴り返すなどで攻撃を中断させれば、パイプ爆弾に向かっていくようになる

ただ、Sourceエンジンの仕様*1から、たとえマップ上にいることが想定できる通常感染者であっても どの生存者も視界内に入れていない通常感染者はこの爆弾でおびき寄せられることはない。 言い換えれば、まだ誰も到達していない壁の向こうにこれを投げつけてもたいした数は集まってこない。 このためすぐに投げるのでは無く、感染者の声が増えてから来る方向へ投げるのが効果的。 また障害物の多い場所では通常感染者が移動に手間取るせいで、思うように集まってくれないことが多いため、できるだけ平坦な場所に投げる事が望ましい。

その扱いの手軽さと通常感染者に対する攻撃力の高さからパニックイベント、ラッシュの対処に使われることが多い。
しかし効果時間・効果範囲とも投擲武器内では最小であり、ピンチの切り返しとしても適当に使うだけでは、残りが襲ってくるという状況になりがち(一部でも状況を整理し進路を開けるなら小さくない効果だが)。

特殊感染者には全く効果が無いのが最大の欠点。とはいえ通常感染者の群れで見逃してしまうのも厄介なので、ラッシュでは惜しまず使おう。Boomer対策の予備として誰かが持っていると、胆汁爆弾を持っている者も安心して進行できる。

他2種よりは無駄に投げてもデメリットが少なく、使い所をミスしても重大な事態に至らないので、初心者ならばこれを選んでおくのが良いだろう。 余っている場合はエリア内に徘徊する通常感染者を始末する目的で使われることもある。

ただしBoomerの胆汁爆弾が使われたときは、プレイヤーにBoomerの胆汁がかけられた場合以外は使わないほうがよい。初心者がやりがちだが、胆汁爆弾によるラッシュの抑制効果が殺がれてしまうため、重大な進行妨害になってしまうからだ。

なお投擲されたパイプ爆弾には物理判定があり、移動中の生存者や突進中のChargerにぶつけると行動を阻むことができ、Tankも一瞬だが登ろうとする。また、これに切断攻撃を当てると血飛沫が発生する。 他、この爆発にあえて巻き込まれることで落下ダメージをなくすこともできる。が、もちろんタイミングはシビアであり、これを使おうとする機会もそうそうないだろう。

Boomerの胆汁 / Boomer Bile *

Boomerの胆汁 / Boomer Bile
アイコン
種類投擲武器
最大装弾1
保持弾数1
攻撃速度1 回使い切り

CEDAが研究目的で採取したBoomerの分泌物*2のサンプル。胆汁爆弾 (Bile Bomb) とも呼ばれる。 CEDAエージェントが腰にこれをつけていることがあり、倒すと落とす。普通に落ちていることもあるが、固定配置がかなり少ないこともあり出現率は低め。

投げつけたこのカプセルの着弾地点にはBoomerを倒した時のような煙が立ち込め、興奮した通常感染者がそこに殺到して集会状態になる。 もし感染者に当たった場合はさらに、他の通常感染者がその感染者を攻撃し始める。

効果時間と効果範囲はパイプ爆弾よりも長くて広い*3。 攻撃力は全く無いが、通常感染者を集める効果ははるかに高く、持続性もあるため長時間敵を引き剥がせる。

欠点は上2つよりも遥かに深刻だ。まず投げつけた時点で、状況に応じて次の3つが起きる。

  • もし効果範囲内の通常感染者が多い場合、Boomerに胆汁を浴びせられた時のように、普通のパニックイベントに移行する。
  • もし効果範囲内の通常感染者が少ない場合、リスポンポイントから多数の興奮した通常感染者が発生しパニックイベントに移行する。
  • もし投げつける直前に一帯の通常感染者を掃討していた場合、やや遅れてから通常感染者がリスポンし、パニックイベントに移行する。

つまり使った時点で強制的にパニックイベントが発生するわけで、火炎瓶や十分な弾薬など、寄ってきた通常感染者を始末する手段を講じておかねば遅かれ早かれこちらに殺到する。

狭い場所 (特に進行方向に向かって) での使用も避けるべきだろう。通常感染者が邪魔で移動ができなくなるためだ。 敵を最大数まで増やした上で活性化させてしまうので、うろつく感染者を一掃する目的で使うには向かない。考えなしに使われると迷惑なのも理解できるだろう。

この武器最大の役目は「通常感染者を殺さずに、その場に誘導し続けること」これに尽きる。
高難易度では通常感染者の一撃が一気に致命的になるため、できるかぎり敵を寄せ付けずに進む必要がある。
そういう時にコレを使えば、多数の通常感染者を潜伏元からおびき出し、リスポンも行わせずその場に釘付けにできる。 セーフルームが近い場合は、その隙にさっさとやり過ごすといった使い方もできる。

加えて、ラッシュ対策としても非常に強力。ラッシュ中に投げればパニックイベント発生というデメリットを受けずにプレイヤーから狙いを逸らせ、その隙にダウンした味方を救出したりマップの先に進んだりすることができる。
特に終了地点まで走り抜ける形式のクレッシェンドイベントや、フィナーレの脱出時には殺傷力以上の効果を発揮するはず。
ちなみに通常感染者が届かない場所へ投げると、通常感染者は全てその場に立ちん坊になる。走り抜ける状況のほとんどで集めるより邪魔になりにくいので、狙えるなら狙いたい。
場面を見極めて使えば、ほぼ無傷で難所を切り抜けることも可能なほど絶大な効果を発揮する。

ちなみに、Hard Rainなど建設作業員が出現するマップでは、このアイテムを使用することでも出現するが、胆汁爆弾には目もくれずに向かってくるので注意。 また通常感染者は投擲地点へ殺到することを優先しているが、その経路に生存者が立ちふさがって移動を妨害すると攻撃してくる。

胆汁爆弾の煙は火炎瓶の火の海などと重複するため、これを地面に投げつけ、しばらく待って火炎瓶を投げれば「飛んで火に入る夏の虫」を再現することができる。 ほか、ステージ上の火炎や深い水面など、即死する地形を利用できる位置に投げ込むことでも一網打尽にすることができる。ただし火炎瓶・ポリタンクとの併用以外はステージが限られ活用が難しい。深い水面に直接投げ込むと発動しない場合もある。
が、この用法は推奨されない。通常感染者が無制限に発生するラッシュでは、フィールド上の通常感染者数をカンスト*4させ、リスポンさせずに集中させること…
つまり仕様を逆手に取り、殺さずに時間を稼ぐことに最大の意味があるからだ。
集まっているのを見た初心者は、やたらと撃ったり火を起こしたりしたがるが、殺した分だけ感染者が包囲するように*5発生するので無意味どころか大迷惑。どうしても始末したいなら、そうして集めた効果の切れ際でやろう。それを待つのは間抜けであるが。

使い所を間違えると無駄に敵を増やし活発化させるだけになる。その一方で適切なタイミングと場所で使用すれば、文字通り切り札となりえるほどの効果がある。
効果もデメリットも間接的ながら大きいので、扱いは難しい。使う人の熟練度がモロに出るので、初心者は使わないくらいでちょうどいい。

例外として、イベント戦を除くTank戦中に使用した場合、通常感染者が発生しない状態が解除されてしまうので注意。
通常感染者がTankを袋叩きしてもたいしたダメージにはならない上に、通常感染者が味方の移動と射撃を妨害し、最終的にはTank&ラッシュという最悪の事態になる。しかし、これに関する実績があるためか初心者が有効だという誤解を持ちやすく、やりがちなのが熟練者には頭が痛いところ(The Sacrifice チャプター1などデフォルトでTank&ラッシュな場面であれば問題ない。実績解除はそういう場面でやろう)。

なお、通常感染者にとってはこのアイテムの胆汁よりも、実際にBoomerが吐きかけた胆汁のほうが優先度が高いため*6、Boomerに胆汁を吐きかけられたときにこのアイテムを使用しても効果はほとんどない。 そのような場合はぐっとこらえよう。運良く仲間がパイプ爆弾を投げてくれれば、難を逃れることが出来る。

何だかんだ言っても、やはり入手が限られるアイテムであることに変わりはないので、大事に持っておこう。


最新の 15 件を表示しています。 コメントページを参照

  • パイプボムをポンポン便利ツールとして投げる人いるけどこいつを使うのはダウンしたり囲まれた味方がいる時に限定。自身が危険な時は攻撃を受けてから投げたのでは大抵MOBパンチ3-4発は余分に貰うので注意。 -- 2014-06-12 (木) 02:21:37
  • パイプボムとブー汁はクレシェンドイベント発生直後に投げるはほぼ無意味なので中盤まで温存するのが基本だが味方に問題が起きた時は迷わず投げる。パイプボムとブー汁の使い方だけでどのレベルのプレイヤーか分かるので高難易度の場合使い所を考えないと回りの顰蹙を買う事になる。 -- 2014-06-12 (木) 02:26:02
  • 投擲アイテムは余っているから使うのではなく困った時に使うのが正解なので余分に見つけても使わず戻って回収する可能性を仮定しておく。 -- 2014-06-12 (木) 02:29:13
  • ブーマー汁を実績解除以外でTankに投げるのやめてほしい。多分、色つけて識別しやすくするのを狙ってるんだと思うけど、それ以上に通常感染者が邪魔でヤバイ。 -- 2014-12-25 (木) 14:17:24
  • L4DACの方なんだけど、Tankにパイプボム投げてる人がいてワロタ -- 2014-12-30 (火) 11:09:07
  • ブーマー汁の使い方にはプレイヤーの熟練度が表れる。使い方によっては迷惑なだけなので、初心者は持たないのが無難かも。あと集まったゾンビをいちいち殺すのも時間の無駄。殺した分だけ新しくゾンビが湧くだけ。効果が切れてからやっと殺す感じ。 -- 2015-03-28 (土) 22:11:41
  • ゲロよりパイプ爆弾のほうが初心者にはお勧め  -- 2015-08-28 (金) 09:44:21
  • ブーマー汁はマップ内の雑魚ゾンビの数をカンストさせつつ一箇所に追いやるのが目的の物。その間マップ内の他の場所は雑魚が一切居なくなるのがメリット。それなのに雑魚ゾンビを殺してしまっては新たにあちこちから湧いてきてしまい無意味かつ自爆行為。特に火炎瓶と同時使用は愚の骨頂。Tank戦中でも同じ事が言える。 -- 2015-10-06 (火) 00:03:09
  • ブーマー汁と火炎瓶、どちらかが使われている場所ではもう片方は使わないのが基本。同時に使っても基本的に混乱を招くだけで害しか及ぼさないのだが、敵を倒すのが手段ではなく目的になってしまっっている人が多い。 -- 2015-10-06 (火) 00:12:12
  • チェックポイントごとのリザルトにチームの防衛隊長だかで通常感染者を倒した数が表示されるせいか、撃破数稼ごうとブマ汁に群がる雑魚を狩る初心者が多すぎるのがねー -- 2015-12-22 (火) 12:01:24
  • 初心者は撃破数稼ぎのために殺してるっていうより、ゾンビは一定の数が出たらそれ以上出てこないという事を知らないって感じがする。 -- 2016-02-06 (土) 15:54:54
  • ↑そうなんですか?!初心者には全くわからん事でした(;^ω^) -- 2016-03-05 (土) 22:32:11
  • パイプボムが一番無難 -- 2016-04-16 (土) 03:19:13
  • 初代バイオマップのラストみたいにCEDAがたくさん出てくるとこだと投げては汁拾って投げてがいい ラッシュ終わったあとだと迷惑だけど -- 2016-06-03 (金) 17:21:12
  • 胆汁爆弾はフィナーレの最中に倒れた味方を復活させるときなんかに投げるといいかも -- 2016-06-30 (木) 21:52:35

*1 ほとんどのイベント(この場合は感染者生成)を、「プレイヤーが特定のイベントシンボルを視界内に収めること」で生成する形式のこと。同エンジンを採用しているHalf-lifeでは各種イベントの発生をこれで管理している
*2 ラベルにあるExcretionとは「分泌物」「排泄物」(おしっこ・うんち・汗)の意。
*3 Dark Carnivalのステージ前(中心)で使って、角(客席入り口あたり)は誘引されない程度の範囲
*4 フィールド上に居られる通常感染者数の上限。デフォルトでは30体
*5 リスポンポイントは生存者が不可知な領域に限られる。つまり遠くの全方位から感染者は現れる
*6 やっぱり「新鮮さ」の違いか?