The Sacrifice コミック Part 2 の翻訳 *

Page 44 *

MILLHAVEN. TWO DAYS AGO.
MILLHAVEN 2日前

Lt. Mora: …AND WHEN THAT HAPPENS, SERGENT DOWNEY …
モーラ中尉: 事態が動く時、ドニー軍曹…

Lt. Mora: --IF THAT HAPPENS--
モーラ中尉: ―もしも状況が動いてしまったら―

Lt. Mora: I'LL WANT TO KNOW WHO I CAN TRUST.
モーラ中尉: 私は誰が信用に足るかを知りたがるだろうな。

Lt. Mora: YOU UNDERSTAND ME, SON?
モーラ中尉: 分かっているかね、君?

Sgt. Downey: YES, SIR LT. MORA
ドニー軍曹: はい、モーラ中尉。

Lt. Mora: I'M NOT SAYING IT WILL, MIND.
モーラ中尉: 別にそうなるとは言っていない。ただ想像してみるがいい。

Lt. Mora: I'M JUST LOOKING AT AT THE FACTS.
モーラ中尉: 私はただ現実だけを見ているのだ。

Lt. Mora: WE HAVE NOT HEARD FROM COMMAND IN SIX DAYS.
モーラ中尉: 司令部からの通信が 6 日も来ていない。

Lt. Mora: THIS IS A FACT.
モーラ中尉: これは現実だ。

Lt. Mora: WE HAVE NOT HEARD FROM ANY SURVIVORS IN TEN.
モーラ中尉: 生存者からの通信も 10 日間ない。

Lt. Mora: AND THAT IS A FACT.
モーラ中尉: それも現実だ。

Lt. Mora: EVEN THOSE BLEEDING HEARTS AT CEDA STOPPED CALLING TO LECTURE US ON HOW TO RETREAT THE PERISONERS..
モーラ中尉: 同時にあの口だけで腰抜けの CEDA は、こちらにあの囚人をどの様に扱うか問うても交信を止めてしまった。

Lt. Mora: NOT THAT I AM COMPLAING ABOUT THAT.
モーラ中尉: それについては頭が痛くない訳ではない。

Sgt. Downey: YOU THINK COMMAND'S ABNDONED US, SIR.
ドニー軍曹: 司令部は私たちを見捨てたと思ってるんですね。

Lt. Mora: NO I DO NOT.
モーラ中尉: いや、そうじゃない。

Lt. Mora: WHAT I THINK, SERGEANT, IS IF COMMAND COULD HAVE CALLED, THEY WOULD HAVE CALLED.
モーラ中尉: 私はだな、軍曹、司令部は連絡してこられるものなら必ずこっちに指令をよこしていたと思うのだよ。

Lt. Mora: I THINK IT IS SAFE TO ASSUME WE ARE ON OUR OWN.
モーラ中尉: 我々は孤立してしまったと想定して動くほうがいいかと思う。

Lt. Mora: AND I THINK EVERLY IS OUT OF HIS GODDUMN MIND KEEPING US HERE.
モーラ中尉: 加えて、あのクソッタレのエバリー少佐は我々をここに留めておくことをなんとも思っちゃいない。

Page 45 *

Lt. Mora: ONE BAD GAS MASK.
モーラ中尉: たった一つのガスマスク。

Lt. Mora: THAT IS ALL IT WILL TAKE TO PUT US IN THE GROUND.
モーラ中尉: 我々を生かしておいてくれるのはそれだけだ。

Sgt. Downey: FAR AS I'M CONCERNED, CAPTAIN, WE OUGHTA PUT 'EM ON THE FRONTLINES.
ドニー軍曹: 中尉、私の考える限り、我々は連中を前線に送り出すべきです。

Sgt. Downey: LET THEM FIGHT THESE FREAKS.
ドニー軍曹: 連中自身に化け物共と戦わせるのです。

Lt. Mora: LET THEM GO, IS WHAT YOU'RE SAYING.
モーラ中尉: 彼らを自由にしろ、と君は言いたいのだな。

Lt. Mora: ARM THEM, SO THEY CAN ESCAPE, KILL MORE INNOCENT PEOPLE.
モーラ中尉: 彼らを武装させる、そうすれば彼らは逃げだせて、もっと大勢の罪無き人々を殺せるというわけだ。

Lt. Mora: THAT IS UNACCEPTABLE TO ME.
モーラ中尉: それはなんとも受け入れがたいことだ。

Lt. Mora: THIS OUTPOST CAN NO LONGER AFFORD TO TREAT THESE PRISONERS AS FELLOW CITIZENS.
モーラ中尉: この前哨基地にはもはやあの囚人達を愛すべき一市民として扱ってやるだけの余裕は残っていない。

Lt. Mora: THEIR VERY EXISTENCE IS AN ACT OF AGGRESSION.
モーラ中尉: 彼らの存在そのものが我々への攻撃行為、というわけだ。

Lt. Mora: WE ARE AT WAR FOR THE CONTINUED GODDUMN SURVIVAL OF THE HUMAN RACE. AND THEY ARE ON THE WRONG SIDE OF THAT WAR.
モーラ中尉: 我々は今、延々と続いてきた人類種の生存のための闘争の真っ最中だ。そして彼らはこの戦争において我々の敵方にいる。

Lt. Mora: IF IT WAS UP TO ME I'D DESTROY EVERY LAST ONE OF THEM.
モーラ中尉: もしも全て私に任されていたら、連中を一人残らず皆殺しにしてやるんだが。

Soldier: JESUS CHRIST, LIEUTENANT! WE GOT SURVIVORS OUT THERE!
兵士: なんてこった、中尉! 生存者です!

Page 46 *

Lt. Mora: TANGO MIKES?
モーラ中尉: TMか? (恐らく保菌者の略称だと思われる)

Soldier: GOTTA BE. THEY'D'VE BEEN OUT THERE FOR… JESUS. TWO WEEKS NOW.
兵士: そのはずです。彼らは…なんてことだ、2 週間も生き延びていたんだ。

Lt. Mora: TELL ECHO BASE WE'LL TAKE THE RUN.
モーラ中尉: ECHO 基地に我々は救助に向かうと伝えろ。

Soldier: WE READ YOU LOUD AND CLEAR, SURVIVORS. WE ARE PREPPING AN EXTRACTION TEAM.
兵士: 生存者の皆さん、よく聞こえています。回収部隊の準備をしています。

Soldier: PREPARE YOURSELVES AND RADIO BACK WHEN READY.
兵士: 準備が出来たらもう一度連絡をお願いします。

Sgt. Downey: MORE SURVIVORS, LIEUTENANT…
ドニー軍曹: また生存者ですか、中尉…

Sgt. Downey: …WHAT IF EVERLY-- HELL. WHAT IF IT IS GETTING BETTER OUT--
ドニー軍曹: もしもエバリーが―クソッ。もしも状況が今現在良くなってきているとしたら―

Lt. Mora: GET ME A VEHICLE READY.
モーラ中尉: 装甲車の準備をしてくれ。

Lt. Mora: I'M DRIVING OUT TO THE FARMHOUSE EXTRACTION POINT MYSELF.
モーラ中尉: 私が自分で農場の回収地点まで行ってみよう。

Sgt. Downey: YES SIR.
ドニー軍曹: 了解。

Lt. Mora: WE'VE BEEN OPERATING IN THE DARK TOO LONG.
モーラ中尉: 我々は長い事何も分からないまま作戦行動を取ってきた。

Lt. Mora: TIME WE FOUND OUT EXACTLY WHAT'S GOING ON OUT THERE.
モーラ中尉: 外がどうなっているかをきちんと知るべき頃合いだな。

Page 47 *

MILLHAVEN. NOW.
MILLHAVEN 現在

Francis: …FXNNL…
フランシス: …んん…

Francis: …TOLD YOU, LOUIS…
フランシス: …言ったろ、ルイス…

Francis: …SNRXXX…
フランシス: …んんぅ…

Francis: …M'RIGHT…
フランシス: …俺は正しい…

Francis: …PNNXX…
フランシス: …ンググ…

Francis: …ALWAYS RIGHT…
フランシス: …いつも…

Page 48 *

Francis: GRFGH…
フランシス: ウーン…

Francis: G'DD'MMIT…
フランシス: クソ…ッタレ…

Francis: …HATE FALLING…
フランシス: …落ちるのは嫌いだぜ

Francis: NNGH!
フランシス: うわぁ!

Francis: OW.
フランシス: おおぅ。

Francis: AW, FER… DID I GET HIT WITH A GUN BUTT AGAIN?
フランシス: あー、いてぇ…銃床でまたぶん殴られたのか?

Louis: YUP.
ルイス: ああ。

Francis: IT WAS THOSE GUYS I TOLD TO CAVITY SEARCH EACH OTHER, WASN'T IT.
フランシス: 俺が「お互いに身体検査してろ」って言ってやった奴らか、そうだろ?

Louis: THAT'D BE THEM.
ルイス: そう、彼らだ。

Francis: YEAH, THAT MAKES SENSE.
フランシス: あー、分かった。

Francis: THE HELL ARE WE?
フランシス: で、一体全体どうなってるんだ?

Page 49 *

Louis: WHEREVER WE ARE, IT SURE AIN'T CAMP ECHO.
ルイス: ここがどこであろうと、少なくとも ECHO 地点でないってのは確かだよ。

Francis: ZOEY AND BILL?
フランシス: ゾーイとビルは?

Louis: "WITH THE DOCTOR." THAT'S ALL THEY'LL TELL ME.
ルイス: 「医者と一緒だ」としか。

Francis: SO, I WAS RIGHT. WE'RE SCREWED.
フランシス: じゃ、俺は正しかったわけだ。やられたな。

Louis: WELL, NOW I WOULDN'T SAY…
ルイス: 待てよ、俺はそんな…

Francis: YEAH, I KNOW WHAT YOU WOULDN'T SAY. THAT'S WHY I'M SAYING IT.
フランシス: ああ、言いたくないって? 分かるさ。なんせ俺がそれを言うところだったからな。

Louis: AND DREAMING ABOUT IT.
ルイス: で、その夢を見てたってわけだ。

Louis: YOU'VE BEEN MUMBLING "I TOLD YOU SO, LOUIS" FOR AN HOUR NOW.
ルイス: 一時間近く「だから言ったろ、ルイス」ってむにゃむにゃ言ってたよ。

Francis: HEH. YEAH. IT WAS A GOOD DREAM.
フランシス: ハッ。ああ、いい夢だったな。

Louis: THEN YOU STARTED YELLING ABOUT FALLING.
ルイス: で、落ちるのがなんとかかんとかって喚きだした。

Francis: OH, THAT. WE WERE BOTH FALLING WHILE I WAS TELLIN' YOU OFF.
フランシス: あーそれか。落ちながらお前に説教してやったんだよ。

Louis: FRANCIS…
ルイス: フランシス…

Francis: I WAS PRETTY BRAVE ABOUT IT. YOU WERE REALLY SCARED, THOUGH.
フランシス: 俺は大層勇敢だったぜ。お前はめちゃくちゃ怖がってたけどな。

Louis: FRANCIS. MAN, I THINK WE ARE IN A LOT OF TROUBLE HERE.
ルイス: フランシス。頼むよ、とんでもない災難の真っ直中だってのに。

Francis: ALRIGHT, LEMME HANDLE THIS.
フランシス: よっしゃ、任せときな。

Louis: UM. WAIT. WHAT?
ルイス: え、待てよ。何だって?

Francis: FOLLOW MY LEAD. I GOT A PLAN.
フランシス: 俺の言う事聞きな。ひとつ計画がある。

Louis: NO. FRANCIS. NO. LET'S TALK ABOUT--
ルイス: いや。フランシス。やめてくれ。ちょっと話し合わ―

Page 50 *

Jeff: DOES HE KNOW WE CAN'T HEAR HIM?
ジェフ: こっちに聞こえてないって知ってるのかね?

Annie: I'M GUESING NOT.
アニー: 知らないと思う。

Annie: HOLD ON, I'LL PUT ON THE TWO-WAY.
アニー: ちょっと待って。いま回線を双方向に切り替える。

SHKT
ザッ (空電音)

Francis: --BECAUSE YOU'RE SHORT!
フランシス: ―てめえがチビスケだからさ!

Francis: THIS "GOOD COP, TINY CHILD-SIZED COP" CRAP WON'T WORK ON ME. BECAUSE I AM A COP! HAH!
フランシス: そんな「素敵なお巡りさん、ちっちゃなちっちゃなお巡りさん」なんざ怖かねえよ。なんせ、俺様こそが本当のサツだからな! ハン!

Francis: LOUIS! I THINK IT'S WORKING!
フランシス: ルイス! 効いてるみたいだぜ!

Francis: LOOK AT YOUR LITTLE TANGERRINE-SIZED HEAD! WHERE DO YOU EVEN GET ARMY COSTUMES THAT SMALL?
フランシス: てめえのオレンジ並みの大きさの頭を見てみろよ! どこでそんなにちっちゃな軍服なんてもらえんだ?

Annie: YOU'RE TRYING TO GET ME ANGRY SO WE'LL COME IN THERE, AND YOU CAN OVERPOWER US AND ESCAPE, AREN'T YOU?
アニー: 私を怒らせて、まんまとその中に入っていったらボコボコにして逃げ出す、そういう算段?

Page 51 *

Francis: WHAT? NO.
フランシス: あん? いいや。

Francis: OKAY, FINE, YES. SO WHAT?
フランシス: オーケー、よし。そうだ。だからなんだってんだ?

Annie: JUST A HUNCH, SIR. AND YES--I'M A LITTLE SHORT.
アニー: ただの勘だよ、お兄さん。まあ、うん―私は少しばかり背は低いね。

Annie: ALL THE WOMEN IN MY FAMILY ARE.
アニー: 私の一家の女はみんなそう。

Francis: OHHH, YOU'RE A…
フランシス: あん、じゃあお前は…

Annie: SOLDIER. YES, SIR. LET ME HELP YOU OUT HERE.
アニー: 兵隊だよ、お兄さん。あなたをお助けします。

Annie: YOU'RE IN A HERMETICALLY SEALED STERILE ROOM WITH AN INDEPENDENT VENTILATION SYSTEM.
アニー: あなたは独立した換気システム付きの密閉済み無菌室に入ってる。

Annie: THE ONLY WAY WE'RE COMING IN THERE IS IF YOU ARE DEAD OR ON FIRE.
アニー: あなたが死ぬか、興奮してる時以外私たちはそっちに入っていかない。

Annie: THE DOCTOR'S WITH YOUR FRIENDS. HE'LL BE HERE IN A MINUTE.
アニー: 医者があなたの友達と一緒。直にここに来る。

Annie: NOW SIT DOWN AND STAY QUIET.
アニー: だから座って、大人しくしてな。

Annie: SIR.
アニー: お兄さん。

Page 52 *

Louis: THAT WAS YOUR PLAN.
ルイス: 計画ってのはそれかい。

Francis: THAT WAS THE FIRST PART OF MY PLAN.
フランシス: ありゃあ俺の計画のほんの最初だぜ。

Louis: YEAH, LET'S RECAP SOME OF YOUR PLANS SO FAR.
ルイス: よろしい、今までの君の計画とやらを要約してみようか。

Louis: "GO HELP THAT CRYING GIRL, LOUIS. SHE LOOKS SAD."
ルイス: 「あの泣いてるカワイコちゃんを助けに行こうぜ、ルイス。ずいぶん悲しそうだ」

Louis: "LET'S FIND THE ARMY. THEY'LL KNOW WHAT TO DO."
ルイス: 「軍を探そうぜ。どうすりゃいいか知ってるだろうよ」

Louis: "WE'RE LOCKED IN A TINY ROOM. I'LL PISS OFF THE GUYS WITH GUNS SO THEY'LL SHOOT LOUIS."
ルイス: 「小部屋に閉じ込められちまった。銃を持った野郎共をイライラさせりゃ、ルイスを撃ってくれるだろ」

Francis: ALL GOOD PLANS. WHAT'S YER POINT?
フランシス: いい計画じゃねえか。何が言いてえんだ?

Jeff: HEY!
ジェフ: おい!

Jeff: COME HERE A SECOND.
ジェフ: ちょっとこっちに来な。

Francis: WHO, ME?
フランシス: 誰だ、俺か?

Jeff: NO.
ジェフ: 違う。

Jeff: THE SMART ONE.
ジェフ: お利口な方さ。

Francis: I STILL THINK HE MEANS ME.
フランシス: 俺の事だと思うんだがな。

Louis: UH HUH. LET ME GO CHECK IT OUT ANYWAY.
ルイス: どうだかね。ともかく行って確かめてみるよ。

Francis: TEN BUCKS SAYS HE JUST WANTS TO SHOOT YA.
フランシス: ショットガンちゃんがお前を撃ってやりたいってよ。

Louis: HOPE NOT.
ルイス: そうでないといいけど。

Louis: I COULDA STAYED SITTING FOR THAT.
ルイス: 座っていたかったんだけどな。

Louis: YEAH? WHAT DO YOU WANT?
ルイス: なんだい? どうしてほしいって?

Annie: JEFF, WHAT THE HELL?
アニー: ジェフ、何だっての?

Jeff: I NEED TO KNOW THIS.
ジェフ: 知る必要があるんだ。

Page 53 *

Jeff: YOU'VE BEEN OUT THERE FOR TWO WEEKS, RIGHT?
ジェフ: 二週間も外に居たってのは本当か?

Louis: THAT'S NOT WHAT IT FELT LIKE. BUT YEAH.
ルイス: そんな感じはしなかったんだけど、そうみたいだね。

Jeff: HAVE THE WHISKEY DELTAS BEEN… CHANGING?
ジェフ: WDは… 変化し続けてるのか?

Louis: WHISKEY DELTAS?
ルイス: WDって?

Jeff: WALKING DEAD. ARE THEY… YOU KNOW, MUTATING?
ジェフ: 歩く屍の事さ。それで、変異体を知っているのか?
(訳注: "WD" は "Walking Dead" の略語)

Louis: ARE YOU KIDDING? JUST HOW LONG YOU GUYS BEEN COOPED UP HERE?
ルイス: 冗談だろ? あんたらどれだけ長い間ここに閉じ籠もってるんだよ?

Annie: SO THEY AREN'T.
アニー: そう、知らないのね。

Louis: WAIT A MINUTE. YOU GUYS'VE NEVER SEEN A BOOMER?
ルイス: ちょっと待って、BOOMER は見たことある?

Annie: A "BOOMER".
アニー: BOOMER。

Louis: BIG FATASSED ZOMBIES THAT BARF ON YOU.
ルイス: デカいデブなゾンビでゲロをかけてくるんだよ。

Jeff: GET THE HELL OUTTA HERE.
ジェフ: 地獄だな。

Louis: OH, I AIN'T EVEN GOT TO THE SCREWED UP PART YET.
ルイス: おっと、肝心なのはこれからさ。

Louis: SEE, THE BARF ATTRACTS OTHER ZOMBIES. IT'S LIKE… I DUNNO, CAT NIP OR SOMETHING.
ルイス: それで、そのゲロは他のゾンビを引き付けるんだ。まるで…そうだな、イヌハッカみたいなもんかな。
(訳注: "Cat nip" はイヌハッカのこと。マタタビのような効果がある。)

Jeff: JESUS.
ジェフ: マジかよ。

Louis: BUT THEY'RE NOT EVEN THE WORST ONES.
ルイス: でもこれはほんの序の口さ。

Page 54 *

Louis: THERE'S THIS THING CALLED A HUNTER.
ルイス: Hunter ってやつもいるんだ。

Louis: THEY'LL LEAP A HUNDRED FEET OFF A BUILDING, RIGHT ON TOP OF YOU.
ルイス: ヤツは 100 フィートもある建物から飛び降りてくるんだ。君の頭上をめがけてね。
(※ 100 フィート = 約 30 メートル)

Louis: RIP YOUR GUTS OUT WITH THEIR CLAWS.
ルイス: そしてツメで君たちの内臓を引き裂くんだ。

Annie: HOLY SHIT…
アニー: そんな…

Louis: THEN YOU GOT THE TANKS.
ルイス: 次は Tank だ。

Jeff: THE ZOMBIES HAVE TANKS?
ジェフ: ゾンビが戦車を持ってるのか?

Louis: DON'T NEED 'EM, THESE THINGS'RE THIRTY FEET TALL. ARMS LIKE TREE TRUNKS.
ルイス: そんなの必要ないさ、ヤツがそれそのものなのだから。そいつは体長が 30 フィートもあって、腕はまるで木の幹なんだ。

Louis: THEY'LL PICK A CAR UP JUST TO BEAT YOU TO DEATH WITH IT.
ルイス: 車を持ち上げて君たちのことをそれで殺すんだ。

Francis: ALSO:VAMPIRES. RIGHT, BUDDY?
フランシス: VAMPIREの話はどうだ? なあ?

Francis: OH, MAN, ARE THEY THE WORST.
フランシス: コイツがサイアクでな。

Louis: FRANCIS…
ルイス: フランシス…

Francis: TURNIN' INTO BATS. LIVIN' IN CASTLES.
フランシス: コウモリに変身して、城に住んでるんだ。

Louis: FRANCIS. FOR THE LAST TIME, THERE ARE NO VAMPIRES.
ルイス: フランシス、最後の VAMPIRE ってやつは居ないだろう。

Francis: WE SAW 'EM WHEN YOU WERE GONE. YOU MISSED 'EM.
フランシス: お前が居なかったときに見たって言ってんだ。見てないだけだろ。

Louis: WHEN WAS I GONE?
ルイス: いつ俺が居なかったってのさ?

Francis: THAT, UH… YOU KNOW, THAT TIME.
フランシス: そりゃ、えーと…ほら、あのときだ。

Francis: SHUT UP.
フランシス: ちょっと黙ってろよ。

Jeff: Lt. Mora WAS TELLING US ABOUT… SOMETHING CALLED A SMOKER?
ジェフ: モーラ中尉は我々に、たしか…… Smoker と呼ばれる何かについて話していた。

Annie: YEAH, WHAT'S THAT ONE DO?
アニー: そうね、そいつはどんなやつなの?

Lt. Mora: "…CAPTURES VICTIMS WITH ITS LONG, ROPE-LIKE TONGUE."
モーラ中尉: …長いロープのような舌で獲物を捕らえる。

Page 55 *

Maj. Everly: Lt. Mora, YOUR GIFT FOR FICTION AMAZES ME.
エバリー少佐: モーラ中尉、君の作り話は驚くべきものだな。

Maj. Everly: IT GOES ON.GIANT WHISKEY DELTAS.EXPLODING WHISKEY DELTAS.
エバリー少佐: 巨大なゾンビ。破裂するゾンビ。

Maj. Everly: I'M ESPECIALLY FOND OF THIS NEXT ONE:"WHISKEY DELTAS CAPABLE OF JUMPING TO HEIGHTS OF THIRTY FEET OR MORE."
エバリー少佐: 私は特にこれが好きだね: 9メートル以上もジャンプする能力を持ったゾンビ"

Maj. Everly: THE WALLS OF THIS COMPOUND ARE TWENTY FEET, Lt. Mora.
エバリー少佐: モーラ中尉、ここの壁の高さは 6 メートルだ。

Maj. Everly: IF I DIDN'T KNOW ANY BETTER, I WOULD SAY YOUR REPORT WAS TAILOR MADE TO FOSTER DISSENTION IN MY RANKS.
エバリー少佐: もし私に分別が無ければ、君のレポートは意見の相違を広げるものだと言っているところだ。

Lt. Mora: I DROVE OUT TO THE FARMHOUSE MYSELF, SIR.THIS IS WHAT I SAW.
モーラ中尉: エバリー少佐、私自身が農家まで運転し、実際に見たのです。

Maj. Everly: I'LL JUST BET YOU DID.
エバリー少佐: まあそうなのだろうな。

Maj. Everly: WE HAVE OUR ORDERS, Lt. Mora, WHETHER YOU LIKE THEM OR NOT. SEARCH AND RESCUE. SIT TIGHT AND WAIT.
エバリー少佐: 私たちには命令があるのだ、モーラ中尉。君のお好みであろうがなかろうがな。捜索及び救出。座って、待機していろ

Page 56 *

Lt. Mora: Maj. Everly. SIR.WITH ALL DUE RESPECT, THIS BASE IS NO LONGER SECURE.
モーラ中尉: エバリー少佐、失礼ながら、この基地はもはや安全ではありません。

Lt. Mora: ECHO BASE TO THE NORTH IS EQUIPPED FOR A SUSTAINED ASSAULT.
モーラ中尉: 北にある ECHO 基地ならば断続的な攻撃に対する武装もあります。

Lt. Mora: WE, SIR, ARE NOT.
モーラ中尉: 我々には、少佐、そんな装備は無いのです

Lt. Mora: WE SHOULD CUT THE CARRIERS LOOSE AND…
モーラ中尉: 保菌者を開放し…

Maj. Everly: ABANDON THE SURVIVORS UNDER OUR CARE, YOU MEAN.
エバリー少佐: 生存者が手に負えないというのかね。

Maj. Everly: LIEUTENANT, I AM AWARE OF YOUR VIEWS ON "CARRIERS".
エバリー少佐: 中尉、君の"保菌者"に対する意見を承知している。

Maj. Everly: YOU WOULD BE AMAZED AT HOW SICK I AM OF HEARING THEM.
エバリー少佐: それを聞くのがどれだけウンザリか聞いたら君は驚くだろうな。

Maj. Everly: LET ME BE CLEAR. THERE IS STILL A CHAIN OF COMMAND. I STILL HAVE A JOB TO DO. AND I INTEND TO GET THAT JOB DONE.
エバリー少佐: はっきりさせてくれ。まだ司令部のつながりはある。私はまだすることがあるのだ。

Maj. Everly: YOU WRITING GHOST STORIES ABOUT ZOMBIES BREAKING BARRICADES AND JUMPING OVER GODDUMN BUILDINGS DOES NOT HELP ME!
エバリー少佐: 君の書くゾンビがバリケードを破壊するだの建物を飛び越えるだのという作り話は何の助けにもならんのだ!

Maj. Everly: FROM NOW ON, LET ME DO MY JOB. YOU DO YOURS. WE ON THE SAME PAGE, SON?
エバリー少佐: 今から私の仕事をさせてくれ。君は君のすべき事をしたまえ。お互いの状況はわかっているだろう?

Lt. Mora: YES SIR.
モーラ中尉: イエッサー。

Maj. Everly: GOOD. THIS IS THE LAST TIME I WANT HEAR ABOUT THIS.
エバリー少佐: よろしい。これについて聞かせるのは最後にしてくれ。

Maj. Everly: DISMISSED.
エバリー少佐: 下がりたまえ。

Page 57 *

Lt. Mora: "CHAIN OF COMMAND." WE AHVEN'T HEARD FROM COMMAND IN NINE DAYS.
モーラ中尉: "司令部のつながり"、か。司令部から 9 日間も通信がないってのに。

Lt. Mora: THIS IS A SICK JOKE. WE ARE ON OUR OWN OUT THERE.
モーラ中尉: なんの悪い冗談だよ。俺たち自身で外に出てやる。

Lt. Mora: RETREATING FROM THIS BASE IS NOT A DEFEAT. LOSING MEN DEFENDING IT IS.
モーラ中尉: この基地から撤退することは敗北ではない。守り手を失うことこそが敗北なんだ。

Soldier: WHAT SHOULD WE DO, SIR?
兵士: これからどうするんです?

Lt. Mora: ROUND UP PENA, BROOKS AND DAVIS. MY QUARTERS. 1400.
モーラ中尉: ペナとブルックスとデイビスを集めてくれ。俺のところに 14 時だ。

Lt. Mora: I HAVE ONE DUTY:TO THE MEN WHO'VE PUT THEIR LIVES IN MY CARE.
モーラ中尉: 俺には、命を預けてくれた兵士たちに対する責任がある。

Lt. Mora: I AM NOT GOING TO SACRIFICE MY PLATOON.
モーラ中尉: 俺の部隊を犠牲にするつもりはない。

Lt. Mora: NOT FOR EVERLY.
モーラ中尉: エバリーのために居るんじゃない。

Page 58 *

Lt. Mora: "NOT FOR CARRIERS."
モーラ中尉: (保菌者のためでもない。)

Doctor: SPIT, PLEASE.
医者: つばを出してください。

Zoey: YOU'RE KIDDING.
ゾーイ: 冗談でしょ?

Rivera: SHE GIVIN' YOU TROUBLE, DOC?
リベラ: 彼女が面倒をかけてますね、ドクター?

Doctor: WE'RE FINE, RIVERA.
医者: 大丈夫だ、リベラ。

Doctor: MISS… PLEASE.
医者: お嬢さん… お願いですから…

Zoey: FOR THE LAST TIME, I AM NOT INFECTED.
ゾーイ: だから、私は感染してないってば。

Zoey: WE WALKED, ON FOOT OUT OF PHILADELPHIA, AND BELIEVE ME, WE SAW EVERY ZOMBIE ALOG THE WAY.
ゾーイ: 信じてよ、フィラデルフィアから歩いてきてずっとゾンビを見てきたわ。

Zoey: I'VE BEEN BITTEN. SCRATCHED. BLED ON. PUKED ON.
ゾーイ: 噛まれて、ひっかかれて、血も浴びて、ゲロも掛けられた。

Zoey: I'M FINE. WE'RE FINE. WE'RE IMMUNE, DOCTOR.
ゾーイ: 私も、みんな大丈夫なの。抗体があるのよ、ドクター。

Zoey: WE JUST WANT TO GET TO THE SAFE ZONE. OKAY?
ゾーイ: セーフゾーンに行きたいだけなの。わかる?

Rivera: ALRIGHT, ENOUGH.
リベラ: もういい、沢山だ。

Rivera: YOU. SPIT IN THE DISH.
リベラ: お前、皿につばを出せ。

Zoey: DUDE. SERIOUSLY? YOU'RE GONNA SHOOT ME IF I DON'T--
ゾーイ: あんた、本気なの? もしつばを出さなかったら撃--

Rivera: SPIT IN THE DISH!
リベラ: 皿につばを吐け!

Zoey: THERE.
ゾーイ: ほら。

Zoey: IS AMERICA SAFE NOW? CAN WE GO TO ECHO BASE?
ゾーイ: 今アメリカは安全なの? ECHO 基地に行けるの?

Page 59 *

Doctor: ALMOST. I-- I NEED TO INSPECT ONE OF THE WOUNDS YOU MENTIONED.
医者: もう少しだけ…。えー、あなたの言っていた怪我を検査せねばならんのです。

Zoey: JESUS CHRIST, WHAT IS THIS? ARE WE DYING OR SOME THING?
ゾーイ: まったくもう、なんだっていうのよ! 私たちは死にかけの重病人か何か?

Rivera: SHOW HIM YOUR WOUND.
リベラ: 傷を彼に見せろ。

Zoey: Yeah, No, alright ? No. I am officially sick of you and doctor spit jar yelling at us and not telling us anything. we just want to…
ゾーイ:もちろん、いやよ。私は医者の言うこと聞いてつばを吐いたのに、あんたたちは何も教えてくれないじゃない。うんざりよ。私たちはただ…

Rivera: SHOW HIM YOUR WOUND!!
リベラ: 傷を見せるんだ!!

Zoey: HEY! WHAT THAT HELL, MAN?
ゾーイ:ちょっと、あんた何なのよ!

Rivera: THERE.
リベラ: (医者に向かって) ここだ。

Bill: TAKE YOUR HAND OFF HER.
ビル: 彼女から手をどけな

Rivera: HUNH, BACK IT UP OLDMAN. YOU'RE NOT GONNA BE THE HERO HERE.
リベラ: ふん、下がってろ爺さん。あんたはここじゃ"英雄"にはなれないんだ。

Bill: THAT'S RIGHT. JUST THE DISTRACTION.
ビル: わかってるさ。ただ頭にきただけだ。

Page 60 *

ゾーイが突きつけられた銃を使ってリベラを張り倒す。衝撃でガスマスクが外れる。

Zoey: ALRIGHT, ENOUGH BULLSHIT! WHERE ARE WE? WHY ARE YOU KEEPING US HERE? TALK!!
ゾーイ:もういい! 十分よ!! 私たちはどこにいるの? なんであんたたちは私たちをここに閉じ込めるの? 話しなさい!!

Rivera: DON'T AH-HUHH DON'T BREATHE ON ME DON'T BLEED ON ME PLEASE JESUS DON'T DON'T TOUCH ME
リベラ: やめろ! あぁ… 俺に息を掛けるな、俺に血を掛けないでくれ頼む! あぁ神よ… 俺に、俺に触れないでくれ!!

Page 61 *

Zoey: I DON'T… I ONLY HIT HIM
ゾーイ:私は… 私は彼を殴っただけよ。

Doctor: YOU MIGHT HAVE KILLED HIM
医者: あんたは彼を殺したかもな
(殴り殺したわけではなく、感染の話と思われる)

Doctor: RIVERA'S DOWN!!
医者: リベラがやられた!

Soldier: DROP YOUR WEAPONS! WE…
兵士: 武器を捨てろ! 我々は…

Doctor: WE'RE FINE! WE'RE FINE! GET HIM OUT HERE!
医者: 私たちは大丈夫、私たちは大丈夫だ。彼を外に連れてけ!

Doctor: ALRIGHT. OKAY, SO… YOU'RE CARRIERS. BOTH OF YOU. YOU DON'T SHOW ANY SYMPTOMS OF THE VIRUS. BUT YOU'RE STILL INFECTED.
医者: オーケー、わかったよ。つまり… あんたがたは保菌者だ。両方ね。あのウィルスの症状は示してない、けど、感染してることに変わりはないんだ。

Page 62 *

Doctor: I'M AFRAID YOU'VE BEEN TRANSMITTING IT ALL OVER PHILADELPHIA.
医者: 私はあんたがたがフィラデルフィア中にウィルスをばらまいてたんじゃないかと懸念してる。

Zoey: OH MY GOD.
ゾーイ: なんてこと。

Bill: SO THAT'S WHAT THIS IS ABOUT.
ビル: そういうことかい。

Bill: YOU DIDN'T RESCUE US.
ビル: あんたらはワシらを助けたんじゃない。

Bill: YOU'RE HERDING US ALL UP.
ビル: ワシらを集めてその番をしてるってわけだ。

Doctor: YES.
医者: その通り。

Doctor: AND BEFORE YOU GET INDIGNANT, I'D REMIND YOU THE ARMY HAD OTHER OPTIONS.
医者: ただ、あんたがたが怒り出す前に言っとくが、軍は別の手段を取る事だってできたんだよ。

Doctor: THIS WAS THE HUMANE ONE.
医者: それに比べれば、こいつはまだ人道的な方だ。

Zoey: BUT.. YOU'RE A DOCTOR.
ゾーイ: でも… あなたはお医者様でしょう。

Zoey: HAVE YOU BEEN… IS THERE A…
ゾーイ: 何とか… どうにかして…

Doctor: CURE?
医者: 治療するって?

Doctor: WE'RE TRYING.
医者: やってるよ。

Doctor: THIS VIRUS DEFIES ANYTHING WE'VE EVER SEEN.
医者: このウィルスには、我々の今までのどんな常識も通用しないんだ。

Doctor: SOMETIMES IT'S AIRBORNE, SOMETIMES IT'S NOT.
医者: あるときは空気感染、あるときはそうじゃない。

Doctor: IT MUTATES DAILY.
医者: こいつは毎日のように変異する。

Doctor: WE'RE TRYING TO CURE IT AND WE CAN'T EVEN PIN IT DOWN.
医者: 治療法を見つけようと躍起になってるが、私たちにはまだ病原菌を特定する事さえ出来ないんだ。

Doctor: AS FOR CARRIERS…
医者: 保菌者については…

Doctor: ALL WE KNOW SO FAR IS THE CARRIER GENE RUNS ON THE FATHER'S SIDE.
医者: 保菌者の遺伝子は父方から遺伝してるって事しか分かっちゃいない。

Doctor: YOU AND YOUR DAD HERE…
医者: あんたとお父さんみたいに…

Zoey: HE…
ゾーイ: 彼は…

Zoey: HE'S NOT MY FATHER.
ゾーイ: 彼は私の父じゃない。

Page 63 *

PHILADELPHIA. 2 DAYS AFTER FIRST INFECTION.
フィラデルフィア 一次感染から 2 日後

Carolyn: I LET HER LIVE WITH YOU FOR A SEMESTER, WADE.
キャロリン: ウェイド、この子があなたと一緒に暮らして 1 学期になるわ。

Carolyn: A SEMESTER AND SHE'S DROPPING OUT.
キャロリン: で、1 学期だけでもう落ちこぼれになりかけてる。

Wade: HEY! I WORK, ALRIGHT?
ウェイド: おい! 俺は働いてるんだ、わかるだろ?

Wade: SOME OF US CAN'T LIE AROUND THE HOUSE ALL DAY.
ウェイド: 誰かが 1 日中家でうだうだしてることなんかできないんだ。

Carolyn: "HOUSE". WADE, YOU RENT AN APARTMENT.
キャロリン: "家"、ねえ。家じゃなくて賃貸でしょ。

Wade: OH, THAT'S RIGHT, CAROLYN.YOU AND KEVIN LIVE IN MY HOUSE.
ウェイド: ああそうだね、キャロリン。お前とケビンはその家に住んでるじゃないか。

Carolyn: HOW. DARE. YOU.
キャロリン: まぁ! よくもそんな事が言えたわね!

Zoey: OHHHH, YEAH.
ゾーイ: はいはい。

Zoey: NOW IT'S COMING BACK TO ME.
ゾーイ: どうせ私に全部戻ってくるのよね。

Page 64 *

Carolyn: IS THIS FUNNY, ZOEY?
キャロリン: 何がおかしいのよ、ゾーイ?

Carolyn: DO YOU KNOW HOW EXPENSIVE COLLEGE IS?
キャロリン: 大学はどれだけお金がかかるかわかってるの?

Zoey: I HAD A SCHOLARSHIP, MOM.
ゾーイ: ママ、奨学金があるわ。

Carolyn: REGARDLESS. WE SENT YOU TO ALDRICH TO LEARN HOW TO MAKE FILMS.
キャロリン: そんなの関係ないでしょ。あなたをアルダリッチに映画の作り方を学びに行かせてるのよ。

Zoey: UH HUH.
ゾーイ: そうね。

Carolyn: NOT… WATCH THEM IN YOUR FATHER'S APARTMENT ALL DAY.
キャロリン: パパのアパートで 1 日中映画を見させるためじゃないのよ。

Carolyn: ZOMBIES AND VAMPIRES AND… IT'S TRASH, HONEY.
キャロリン: ゾンビに吸血鬼に… くだらないわ。

Zoey: MAYBE IT'S RESEARCH, MOM.
ゾーイ: リサーチになるかもね、ママ。

Zoey: IF YOU BELIEVE THE PAPERS, ANYWAY.
ゾーイ: 新聞を信じるなら、だけど。

Carolyn: UGH, THAT. IT'S A FLU.
キャロリン: う、それは… あんなの風邪よ。

Wade: WELL, FILM DEGREE WAS A GAMBLE. WE KNEW THAT GOIN' IN.
ウェイド: ま、映画の学位なんてギャンブルみたいなもんさ。入学するときからわかってたよ。

Wade: NOW SHE CAN JOIN THE FORCE LIKE HER OLD MAN.
ウェイド: じいさんみたいに軍に入ることだってできるしな。

Carolyn: WADE, STOP.
キャロリン: ウェイド、やめてよ。

Wade: YOU SHOULD SEE HER ON THE GUN RANGE! KNOWS HOW TO HOLD HERSELF IN A FIGHT, TOO.
ウェイド: 射撃場に居るこの子を見たらいいさ。どう身を守り、どう戦うかを知ったね。

Zoey: RIGHT HERE, GUYS.
ゾーイ: ここにいるわよ。

Carolyn: MY DAUGHTER'S NOT GETTING SHOT AT BY COKEHEADS JUST TO KEEP THE FAMILY BUSINESS ALIVE.
キャロリン: 私の娘は家業を継いでヤク中に撃たれるためにいるんじゃないのよ。

Zoey: STILL RIGHT HERE.
ゾーイ: ここにいるってば。

Page 65 *

Carolyn: YOU JUST NEED TO APPLY YOUR…
キャロリン: もっと精進しな…

Carolyn: …SELF.
キャロリン: …さい。

Carolyn: WADE.
キャロリン: ウェイド。

Carolyn: WADE, THERE'S A CRAZY HOMELESS MAN IN YOUR LIVING ROOM.
キャロリン: ウェイド、おかしなホームレスがリビングにいるわ。

Wade: STAY AWAY FROM HIM, CAROLYN.
ウェイド: そいつから離れてろ、キャロリン。

Wade: HE'S GOT THAT… THAT FLU.
ウェイド: あいつはあの風邪に… かかってる。

Wade: HEY. PAL? YOU'VE GOTTA GO.
ウェイド: おい君、今すぐ出て行きなさい。

Carolyn: JESUS! WADE! DO SOMETHING!
キャロリン: ちょっと! ウェイド! なんとかしてよ!

Zoey: MOM, GET BACK!
ゾーイ: ママ、下がって!

Zoey: MOM, COME ON!
ゾーイ: はやく!

Wade: ALRIGHT, THAT'S IT. LAST CHANCE, PAL!
ウェイド: いいか、これが最後のチャンスだ。

Wade: YOU HEAR ME? I AM COUNTING TO THREE!
ウェイド: 聞いてるのか? 3つ数えるぞ!

Wade: ONE!
ウェイド: ひとつ!

Wade: TWO!
ウェイド: ふたつ!

Page 66 *

BLAM BLAM BLAM
ズドン ズドン ズドン

Zoey: MOM.
ゾーイ: ママ…

Page 67 *

Zoey: MOM!
ゾーイ: ママ!

Wade: ZOEY, CALL 911.
ウェイド: ゾーイ、911 に電話しろ!
(訳注: 911 はアメリカの緊急通報用電話番号で、日本の 110 番や 119 番と同じ)

Wade: LYN? SWEETIE, IT'S GONNA BE OKAY.
ウェイド: リン? 大丈夫だからな。

Carolyn: HKK
キャロリン: カハッ

Wade: ZOEY, CALL 911!
ウェイド: ゾーイ、911 だ!

Wade: EVERYTHING'S OKAY, BABY.
ウェイド: 今助けを呼んでるからな。

Wade: EVERYTHING'S OKAY.
ウェイド: きっと大丈夫だ。

Zoey: OGOD OGOD OGOD
ゾーイ: 大変大変大変!

Wade: JUST HANG IN THRE, SWEETIE.
ウェイド: がんばれよ。

Wade: I'M RIGHT HERE.
ウェイド: ここにいるからな。

Zoey: IT'S BUSY!
ゾーイ: つながらないわ!

Wade: KEEP TRYING!
ウェイド: 掛け続けろ!

Wade: I'M RIGHT HERE, LYNNIE.
ウェイド: ここにいるぞ、リーニー。

Wade: JUST BE OKAY.
ウェイド: 大丈夫だからな。

Page 68 *

Wade: AAAAAGHHH!
ウェイド: グアアアア!

Zoey: DAD!
ゾーイ: パパ!

Wade: HELP
ウェイド: 助けて

Wade: HELP ME…
ウェイド: 助けてくれ…

Zoey: MOM?
ゾーイ: ママ?

Zoey: PLEASE.
ゾーイ: お願い。

Zoey: PLEASE DON'T DO THIS…
ゾーイ: お願いだからやめて…

Zoey: DON'T…
ゾーイ: やめて…

Page 69 *

BLAM
ズドン

Wade: LYNNIE…
ウェイド: リーニー…

Zoey: DAD, YOU'RE GOING INTO SHOCK.
ゾーイ: パパ、このままじゃ失血で死んじゃうわ。

Zoey: HOLD ON. I NEED TO STOP BLEEDING.
ゾーイ: ちょっと待ってて、血をとめないと。

Zoey: I'LL GO GET THE FIRST AID KIT AND--
ゾーイ: これから救急キットを取ってき--

Wade: NN!
ウェイド: まて!

Wade: REMEMBER THOSE ZOMBIE MOVIES I USED TO SNEAK YOU INTO WHEN YOU WERE A KID, ZOEY?
ウェイド: ゾーイ、お前が子供のころよくこっそり一緒に見たゾンビ映画のこと覚えてるか?

Zoey: HEH. I REMEMBER HOW MAD MOM GOT WHEN SHE FOUND OUT.
ゾーイ: ええ。ママがそれを見つけたときどれだけ怒ってたか覚えてるわ。

Wade: YOU REMEMBER THE PART IN ALL OF 'EM WHEN THEY HAD TO SHOOT THE ONE GUY BEFORE HE TURNED?
ウェイド: その映画によくあった誰かがゾンビになる前に撃たなくちゃいけなくなるってシーンを覚えてるだろ?

Zoey: HEH. *SNIFF* YEAH.
ゾーイ: ええ。 グスッ 覚えてるわ。

Zoey: WE ALWAYS MADE FUN OF THAT PART.
ゾーイ: いつもそのシーンのこと茶化してたわね。

Wade: I LOVE YOU, ZOEY.
ウェイド: 愛してるぞ、ゾーイ。

Page 70 *

Zoey: I LOVE YOU, DAD.
ゾーイ: 愛してるわ、パパ。

BLAM
ズドン

Page 71 *

Doctor: THEY HAVEN'T KILLED YOU YET BECAUSE OF ME.
医者: やつらが君たちを生かしているのは私がいるからだろう。

Doctor: THEY HAVEN'T KILLED ME YET BECAUSE THEY WANT THEIR CURE.
医者: そしてやつらが私を生かしているのはやつらのための治療法がほしいからだろう。

Doctor: IT HASN'T OCCURRED TO THEM YET THAT THERE MIGHT NOT BE ONE.
医者: やつらが発症してないのはやつらがそうじゃないからだろう。

Doctor: THAT WE MIGHT BE THE ONLY FUTURE THEY'VE GOT.
医者: 私たちは連中にとっての最後の未来の鍵なんだ。

Doctor: CARRIERS.
医者: 保菌者だ。

Doctor: I..
医者: それで…

Doctor: I WANT YOU TO HELP ME ESCAPE.
医者: 脱出するのを手伝ってくれないか。

Doctor: IT'S ALREADY NOT SAFE HERE. SOME OF THE SOLDIERS…
医者: もうここも安全じゃない。何人かの兵士はもう…

Doctor: THEY'LL KEEP US ALIVE AS LONG AS THEY THINK I CAN STOP THIS.
医者: 私がこの感染症をなんとか出来ると奴らが思っている限り、連中は私たちを生かしておいてくれる。

Doctor: WHEN THEY FIGURE OUT I CAN'T…
医者: 私にそれが出来ないと分かれば…

Page 72 *

Doctor: THEY'RE GOING TO PUT US AGAINST A WALL AND SHOOT US.
医者: やつらは私たちを壁に並べて銃殺するんだろうな。

EEEEEEEEEEEEEEEEE
(サイレンの音)

Doctor: DAMN IT. WE MIGHT BE TOO LATE.
医者: くそっ、遅かったか。

Doctor: MORA.
医者: モーラだ。

Doctor: MORA'S COMING.
医者: モーラが来る。

Zoey: YOU'RE WORRIED ABOUT SOLDIERS COMING TO KILL US?
ゾーイ: あんた兵士がここに来て私たちのこと殺すって心配してたわね?

Bill: INFECTED ARE ATTRACTED TO NOISE, DOC.
ビル: 感染者は騒音に引き寄せられるぞ、ドクター。

Zoey: WHATEVER DUMBASS IS IN CHARGE HERE, HE JUST CALLED EVERY ZOMBIE IN A HUNDRED MILE RADIUS.
ゾーイ: クソッタレがここに来ようが来まいが、あいつは半径 100 マイルのゾンビを呼び寄せたのよ!

Zoey: DOCTOR, WE NEED TO GET OUT OF HERE. NOW.
ゾーイ: ドクター、ここを出ないと。今すぐに。

Zoey: AND WE'RE GOING TO NEED GUNS.
ゾーイ: あと銃が必要よ。

Page 73 *

Maj. Everly: WHAT IN THE HELL…
エバリー少佐: 一体なんだ…

Maj. Everly: YOU.
エバリー少佐: 君たち。

Maj. Everly: DO YOU HAVE ANY IDEA WHAT YOU'VE DONE?
エバリー少佐: 自分が何をしたかわかっているのかね?

Page 74 *

Lt. Mora: I'VE SOUNDED THE CALL FOR EVACUATION, MAJOR.
モーラ中尉: 撤退の合図だ。少佐。

Lt. Mora: YOU ARE RELIEVED OF COMMAND.
モーラ中尉: お前は解任だ。

Page 75 *

Louis: SO WE'VE BEEN INFECTING PEOPLE THIS WHOLE TIME?
ルイス: じゃあ俺たちずっと感染してたってことかよ?

Louis: JESUS. THOSE PILOTS…
ルイス: くそっ。あのパイロットたちも…

Louis: WE'VE BEEN CAUSING THE CRASHES…
ルイス: 俺たちが墜落の原因だったんだ…

Francis: AHH, WE DON'T KNOW THAT. THAT NEWS CHOPPER GUY'D BEEN BIT.
フランシス: んなもんわかんねぇだろ。あの報道ヘリのヤツは噛まれてたぜ。

Francis: AND WHAT ABOUT THOSE BOAD PEOPLE?
フランシス: ボートのやつらはどうだろうな?

Francis: THEIR MARRIAGE WAS IN TROUBLE, SURE. BUT OTHERWISE THEY SEEMED FINE.
フランシス: あいつらの結婚はなんかトラブってたみたいだけどな、たしか。でも元気そうだったな。

Louis: MY JOB. I CAN NEVER GO BACK TO MY JOB.
ルイス: 仕事が… もう仕事に戻れないんだ…

Louis: SHIT, THEY'RE NEVER GONNA LET US BACK TO ANYTHING!
ルイス: くそ、もう戻らせてももらえないんだ!

Louis: THIS IS IT, FRANCIS. YOU'RE THE ONLY PERSON I CAN EVEN BE WITH WITHOUT KILLIN' 'EM.
ルイス: おしまいだよ、フランシス。俺が殺しちまうこと無しに一緒にいられるのは君だけだ。

Francis: GREAT. NOW WE'RE BOTH SAD.
フランシス: そうかい。そりゃ悲しいね。

EEEEEEEEEEEEEEEEE
(サイレンの音)

Francis: WHAT THE--?
フランシス: なんだ?

Francis: HA HA! YEAH! YOU HEAR THAT?
フランシス: やったぜ! サイレンが聞こえるか?

Francis: OH, YOU'RE IN FOR IT NOW!
フランシス: ひどいことになりそうだな!

Louis: THEY'RE IN FOR IT?
ルイス: ひどいことになりそう?

Louis: FRANCIS, WE'RE LOCKED IN A ROOM WITH NO WEAPONS.
ルイス: フランシス、俺たちは武器も持たないで密室に居るんだぞ。

Page 76 *

Francis: ALRIGHT. NO MORE JOKING AROUND.
フランシス: よし。もうジョークは抜きだ。

Francis: YOU NEED TO LET US OUT OF HERE, OR YOU'RE BOTH GOING TO DIE.
フランシス: ここから出してくれ。さもなきゃお前ら二人とも死ぬぜ。

Annie: WHAT THE HELL ARE YOU TALKING ABOUT?
アニー: 何言ってんの?

Francis: NOISE. THEY'RE ATTRACTED TO NOISE.
フランシス: 大きな音だ。やつらは大きな音に引き寄せられるんだ。

Louis: WE'VE GOT ABOUT TWENTY SECONDS TO GET ARMED AND GET OUTTA HERE BOFORE--
ルイス: 20秒以内に俺たちを外に出して武器を…

AAAUUUAAAUUGGGGUUUAUAUAAUUHHHGHH…
(ウィッチの泣き声)

Louis: OHHH, SHIT.
ルイス: あー、まずいぞ…

Page 77 *

SCHKT
ブツッ
(サイレンの切れる音)

Soldier: …RUN…
兵士: …逃げろ…

Francis: LET US OUT!
フランシス: ここから出せ!

Louis: THIS IS NOT A DAMN TRICK! WE CAN HELP YOU!
ルイス: うそなんかじゃない!君たちの助けになれるんだ!

Jeff: WHAT DO YOU THINK, ANNIE?
ジェフ: アニー、どう思う?

Annie: JEFF, IF MORA HEARS WE LET CARRIERS ESCAPE, WE'RE--
アニー: ジェフ、もし保菌者を逃がす事をモーラに聞かれたら、私たち--

UUUAAAAAAAHHAAHHH…
(ウィッチの泣き声)

Page 78 *

Louis: DON'T SHOOT DON'T SHOOT THAT'S A WITCH!
ルイス: 撃つな! 撃っちゃダメだ! そいつは Witch だ!

Annie: ARE YOU INSANE?
アニー: 気でも狂ったの?

Louis: SHE'LL WALK RIGHT PAST YOU! LOWER YOUR GUNS, GET FLAT UP AGAINST THE WALL!
ルイス: 彼女は素通りするから銃を下げて壁に張り付くんだ!

Francis: MAN, I KNOW WHAT A WITCH IS AND THAT SOUNDS LIKE BAD ADVICE.
フランシス: 俺も Witch がどんなやつかは知ってるが、そのアドバイスはよくないんじゃねぇかな。

Louis: JESUS, THINK ABOUT IT!
ルイス: 頼むよ、良く考えてくれ!

Louis: WHY WOULD I LIE TO YOU ABOUT THIS?
ルイス: なんでこんな時に嘘をつかなくちゃいけないんだよ?

Louis: YOU TWO ARE OUR ONLY CHANCE TO GET OUT OF HERE!
ルイス: 君たち二人は俺たちがここから出るための唯一の手段なんだ!

Louis: PLEASE.
ルイス: 頼む!

Page 79 *

Jeff: THIS IS SO STUPID…
ジェフ: なんて馬鹿げた…

Louis: (…QUIET…)
ルイス: (静かに…)

Page 80 *

CREAK
ギィ
(ドアを開ける音)

Annie: ALRIGHT, ZOMBIE EXPERTS…
アニー: わかったわ、ゾンビ博士。

Annie: THERE'S AN ARMORY DOWN THE HALL.
アニー: 武器庫はこの下のホールにあるわ。

Annie: LET'S GET YOU GUYS SOME GUNS.
アニー: あなたたちの銃を取りに行きましょう。

Annie: OH, ''SHIT!'
アニー: クソ!

Annie: STAY BACK, THERE'S A--
アニー: 下がって、そこに--

Page 81 *

Jeff: UNGH!
ジェフ: ウガ!

BRAT TAT TAT
ズガガガガ

Louis: FRANCIS! TAKE IT!
ルイス: フランシス! やるんだ!

Francis: EVERYBODY WATCHIN'?
フランシス: みんな見てるか?

Francis: …YOU GUYS ARE GONNA LOVE THIS.
フランシス: …みんなこれが好きになるぜ。

Louis: GET BACK!
ルイス: さがれ!

Page 82 *

SPLLLLSH
ボフーン
(BOOMERの破裂する音)

Francis: BLUGH.
フランシス: クソッ。

Jeff: I'M JUST CURIOUS. ARE THERE ANY OF THESE THINGS CAN SHOOT?
ジェフ: 教えてくれ、一体どのゾンビなら撃てるんだ?

Louis: TELL YOU WHAT. GIMME YOUR PISTOL.
ルイス: 教えてあげるよ。ピストルを貸して。

Louis: JUST SHOOT WHATEVER WE SHOOT FIRST.
ルイス: 俺たちが撃ったやつを撃てばいいのさ。

Jeff: DONE.
ジェフ: 了解。

Louis: FRANCIS, HOW BAD YOU GET SPRAYED BACK THERE?
ルイス: フランシス、かかった場所は平気かい?

Francis: NOT BAD. WE'LL PROBABLY BE F--
フランシス: ああ。もしかしたら--

WHAM WHAM WHAM
ガンガンガン
(感染者がドアを叩く音)

Page 83 *

(無し)


最新の 15 件を表示しています。 コメントページを参照

  • 捨て駒に州兵が借り出されてるんじゃないかな -- 2010-09-24 (金) 02:55:33
  • リベラの名前の色、見難いです。もう少し明るめでお願いします。 -- 2010-09-25 (土) 05:09:04
  • まるで監督者か何かみたいな物言いだな -- 2010-09-25 (土) 10:58:40
  • 何気にフランシス・ルイス・ジェフ・アニーでL4Dになってるなw男3人だし女性一人だし -- 2010-09-25 (土) 20:33:33
  • 翻訳お疲れ様です -- 2010-09-26 (日) 00:57:08
  • 翻訳おつであります! 助かります。自分が適訳だと思った箇所を弄らせてもらいますが、気にいらないようでしたら差分から戻してください -- 2010-09-26 (日) 03:27:18
  • ドクターがマスク外してるのは何でなのかね?彼も保菌者だったのかリベラが発症しないのを見て今は空気感染しないと思ったのか… -- 2010-09-26 (日) 12:49:50
  • ↑医者も保菌者 -- 2010-09-26 (日) 13:55:21
  • Page57の14時集めの後の「私には義務がある。私のために人生を費やした者のために」の追加お願いします -- 2010-09-26 (日) 18:02:52
  • 訳に問題はないけど TMか? のTMが何の略号なのか気になるね。 -- 2010-09-27 (月) 14:36:44
  • と言うか、よくゾーイ崩壊しなかったな。 -- 2010-09-28 (火) 07:25:51
  • ↑だよなあ、これはきっついわ -- 2010-09-28 (火) 11:59:11
  • 意味がわかると面白いな… -- 2010-10-06 (水) 14:25:47
  • P.59の「JUST THE DISTRACTION」は「ただの陽動だ」ではないでしょうか? ビルが警備兵の気を引いている間に、ゾーイが自分から銃口を逸らして、M16を奪ったわけですから。 -- 2010-10-12 (火) 08:28:38
  • 親父も抗体があったかもしれないのに、自分でその可能性を絶ってしまったのか……ゾーイ……この回も、重い話だな -- 2010-10-12 (火) 15:12:02